名古屋市周辺の観光スポット9 名古屋港イタリア村など

立田のハス(愛知県愛西市)
木曽川沿いの低湿地帯に広がるハス田。一帯は木曽川が運んだ肥沃な土壌の湿田地帯で、ハスの根・レンコンの栽培が盛ん。栽培の始まりは約170年前の天保年間。この土地に合った作物として規模が大きくなった。木曽川の堤防に上がると、ハス田がいかに多いかがわかる。花の見頃は7月上旬から中旬。森川花はす田や赤蓮保存田は、観賞用のハス田で、花見客が訪れる。


名古屋港イタリア村
古き良き時代の街並みやゴンドラが行き交う運河、そんな水の都ヴェネチアを再現したエンターテイメント性豊かなショッピングモール。多彩なショップでお買い物を楽しんだり、新鮮なメニューが並んだレストランで本場のイタリアンを味わったり、ゴンドラや本場の楽団、ヴェネチアンガラス美術館などで愉快な時間を体験するなど様々な体験をすることができます。

長島温泉
宿泊施設、温泉、遊園地、アウトレットモールまであるリゾート施設です。周辺には、ゴルフ場やなばなの里などもあり、周辺も合わせて一日中楽しめます。夏にはナガシマスパーランドに、世界最大級ののジャンボ海水プールがオープンします。

名古屋市科学館
昭和34年白川公園内に建設。日本最大級のプラネタリウムのある天文館などがある。本館では物理学、化学、工学、天文学などを中心に解説。平成元年には生命館も開館した総合科学館。

名古屋市美術館
白川公園に建つ美術館。収集作品は、エコール・ド・パリ、メキシコ、メキシコ・ルネサンス、地元作家、現代美術という4つの柱に基づく。コレクションを展示する常設展と年5〜6回の企画展を開催。

でんきの科学館
身近なエネルギーである電気の知識を見て、触れて、体験できる。お客様の顔が画面に登場し、ゲームに挑戦できるオームシアター。実物の1/4の模型による原子炉内を解説するアトムシアターなど。

ランの館
世界のラン約250種を展示するアトリウムや花飾りモデル展示等、小温室、池を配した自然風庭園があり、くつろいだ時間と空間を楽しめる。

名古屋港遊覧船
名古屋港に出入する外国船や、名港トリトンなど、船上から眺める景色と、さわやかな潮風を満喫しながら名古屋港をひと巡りできる。

鶴舞公園
明治42年に開園した和洋折衷の公園。噴水塔や大花壇、菖蒲池や日本庭園があり、イベントも多数行なわれる。公会堂、図書館、グラウンドもある市民の憩いの場。

瑞穂運動場
総合運動公園。「わかしゃち国体」のメイン会場となった陸上競技場のほか、プール、野球場、庭球場、ラグビー場、弓道、すもう場などがある。またJリーグ名古屋グランパスの本拠地でもある。

名古屋市博物館
当地方の歴史や文化を始め、国内外の文化財を紹介する国内屈指の歴史博物館。ギャラリー、触れてみる学習室、ビデオミュージアムのほか、屋外には屋外展示場や日本庭園もある。

名古屋空港
名古屋の中心地から北へ約10キロにある、中部地方の玄関口。国内線ターミナルビルの3階には大型旅客機などが一望できる送迎デッキがある。また、飛行機とロケットに関する科学館「航空宇宙館」も設置。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。