えびおろし と 香露

えびおろしは、名古屋めしのひとつ。

出汁を注いだ蕎麦・きしめん・うどんの上に大根おろしをかけ、さらに海老の天ぷらを乗せたもの。麺類の温かい・冷たいは問わないが、一般的には冷たいものの方が多い。

大ぶりな海老の天ぷらを乗せるためか、底の浅い平らな丼を器とすることが多い。


香露(ころ)は、うどん・きしめんに汁をかけた、主に中部地方で食べられる料理。

通常のかけ汁とは異なり、濃いめに合わせた汁の香りが良いことから「香露(こうろ)」と呼ばれるようになり、後にそれが漢字はそのまま「ころ」と省略されて呼ばれたことによる。

元来は温・冷どちらにも用いられたが、現在では一般的に冷たいものを指す。

ざるではなく丼に盛りつけられ、葱や生姜などの薬味とともに予め汁をかけた状態で供される場合が多い。

薬味以外の他の具材を乗せた場合は、コロと呼ばないことから、ぶっかけうどんなどに近い。

素麺・冷や麦など、もともと冷たい麺類には用いない。
きしコロ・コロきし、うどんコロ・コロうどん、または単にコロと呼んでも通じる。


⇒香露


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。